子供の急な出費

大学にいっている子供は、ある程度決められた範囲内で、お金を使っていると思っています。それは毎月、あげているお金で、なんとかやりくりをすることができているからです。キャッシングするならこちらから
しかし、そんなに頑張っている子供でも、たまには急な出費があるときがあるのです。それは、参考書を購入したいときや、移動の電車代が掛かってしまう時などです。
そんな時には、急な出費と思っても、どうしても必要なお金となるので、どんなにやりくりをしてでも、構えてあげたいと思っています。

カードローンの広告はよく目に入ります

このごろ、カードローンの広告をよく見ます。その多くは、消費者金融や銀行といった業者で取り扱っているものです。そして、その時に受ける印象は、やはり、取り扱っている業者によって違ってきます。たとえば、消費者金融で取り扱っているカードローンだと、なんとなく不安を感じます。やはり、以前の消費者金融のイメージが浮かんでくるからです。その反対に、銀行で取り扱っているカードローンは、なんとなく親しみを持てるようなイメージがあります。そして、いざという時に頼りになるような気もするのです。

こういったことは、消費者金融と銀行の大きな違いからくるものだと思います。消費者金融は、以前は、強引な取りたてのことが問題になったこともありました。そんなことから、なんだか怖いようなイメージもあるのです。そして、銀行というものは、昔から堅実なイメージがあります。そして、しっかりとした業者というイメージもあるのです。

ただ、銀行にしろ消費者金融にしろ、カードローンを利用するということは、お金を借りることになります。そして返済の義務も生じます。この点は、しっかりと理解しておかないといけないでしょう。特に銀行でカードローンを利用する際には、こういった自覚を持てない人も多いと思われます。銀行にしろ消費者金融にしろ、借りたお金は返さないといけません。これは忘れてはならないことでしょう。

そして、カードローンとは、銀行にとってはよい収入にもなるのです。カードローンというものは利息が発生します。そして、この利息というものが銀行にとってはうれしいものなのです。そのために、個人に融資をしたいのです。そういうこともあって、銀行は消費者金融と同様に、カードローンの宣伝に力を入れているのです。

今では多くの銀行でカードローンを取り扱っています。そして、窓口にもカードローンの広告が張られています。そして、いざという時に頼りになるようなことをピーアールしています。でも、利用については慎重になったほうがいいでしょう。

友人が消費者金融を好む意外な理由

世の中には中小零細から大企業に至るまで、様々な規模の消費者金融があります。ちなみに名前を聞けば誰でも知っているような大手の消費者金融は、その中のほんの一部に過ぎません。消費者金融の多くは、あまり有名ではないと考えて間違いないのです。

そんな消費者金融ですが、私の友人に一人、「借り入れは消費者金融しか利用しない」と言っている男がいます。実際、彼は銀行カードローンなどは全然利用せず、借り入れが必要な時は消費者金融のキャッシングだけを利用しています。

もちろん、人がどこの金融機関からお金を借りようと、それはその人の自由です。ですから彼が消費者金融だけを好んで利用するのも、彼の勝手です。そのことについては、私も彼に対して何も文句を言うつもりはありません。

しかし、どうして彼は銀行カードローンではなくて消費者金融のキャッシングばかり好むのか、その疑問は気になりました。それで或る日、私は彼に率直に尋ねました。「お前はどうして消費者金融が好きなんだい?」すると彼は、その意外な理由を話してくれました。

「正確に言うと、俺は総量規制の対象となる消費者金融だけを愛用しているんだ。なぜなら総量規制のおかげで利用枠は必要最小限度しかもらえないし、これなら借り過ぎも防げるからね。下手に利用枠の大きな銀行カードローンなんか手に入れたら、きっと俺自身のためにならないと思うんだ」

彼のその説明には、実に力強い説得力がありました。私は心から「なるほどな」と思ったものでした。

願い事、それは、お金!

ご主人様、願い事はなんでしょうか? と言われたら、私は、もちろん、「お金がほしいです!」と答える。病気で働いてないので、私には、いつも「お金がない」のだ!

月曜日は、古本屋をめぐった。木曜日は、図書館で本を借りた。その買った本と借りた本で、安いカフェではなく家でいつも勉強をする。そして、お小遣いをパソコンのバイトで稼ごうと、もがいてはいるけれど、とりえもない私は、在宅ワークすらうまく行かず……。

しかし、疑問に思うことがある。お金とはそもそもなんだろう、と。どうして人類はお金のネタばかりで悩まなければならないのか。

お金なんて、いらないのだ。争いの原因にもなるし、特に私などが悲しくなるだけだ。

たとえば、コンビニで、100円ほどはかかる、憎まん(間違えた! 肉まん)を買うにも、私は悩まなければならないほどだった。いつぞやは、水に数滴のレモン汁を入れて、ペットボトルで持ち歩こうとしたこともあった。レモンの味がすっぱいなぁと思い、あまりにも心までもがすっぱくなってきて、あまりにも切なくて、3日たたずに、この計画を中止したこともあった。でも、私は、おかげさまであることに気づけた。

家に帰ったとき、母とその会話で盛り上がれたのだ。実質年率で比べたいならこちらをチェック!

そうかぁ、私には家があるんだなぁと思った。私には、そんな私を支えてくれる、大事な母(と父)がいる。

いわば現在は、この母たちがお財布なのだけど、さきほども、自分が病気でしんどいときであっても部屋の掃除をしていたら、「がんばった!」と笑顔でほめてくれた。お金にならないものなのにも関わらず。

だからこそ、今、こうして、仕事がなくても平和にもぼんやりと日記を書いていられるんだなぁと感じて、なんだか胸の内が和やかなムードになっている。

だけど、そんな母たちを支えるのは、やっぱり「お金」だ。そして、この先、老いていく母たちを支えられるのは、この私。この先に死ぬまで私が稼いでいかなければならないもの、それがつまりやはり「お金」……だし、やっぱりお金がないと、いろいろとつまらないのだ。結局そこにたどりついてしまう。

だから、ずっと、家族を支えてあげられるくらいのお金を稼ぐ方法を、探しているけれど、いまだ見つからない。

だから、もういっそ、お金を使わないで生きるのもいいかなと考えた。私の財布の中に幾つかある数千円。なくなったら、補充している。その月の後半は、小銭だけになることも多い。これをどうすればなくなっていかないか、考えてみると、一つ案が浮かんだ。

それは……使わないということだ。

使わなければ……そこからなくなりはしない! ということだ。

使えば、なくなる。ならば、ギリギリまで使わないでいようと思いはじめている。

と、いつも思うのに、ゲーセンで、少しばかり、いや、500円ばかり使ってしまった今日。だけど、なぜか運よく小さな景品がたくさんゲットできた。

この景品を見て、また頭のどこかで、「ネットオークション」などで売ったら幾らくらいになるかなぁ? とか考えて、また、そうやって今日を終える!

節約だけが人生じゃない

節約したくても何もかも節約するのは考えものです。何もかも節約するような生活は生活が楽しめません。楽しくない生活をしかめっ面をしながら生きるより、多少節約を緩めて楽しくいきたいのです。

やっぱり、せっかく生きているなら楽しくなければ損だと思います。せっかく生きているのだから節約節約と生真面目に生きるより、少しは気を緩めて楽しみたいのです。それが上手な生き方なのかもしれません。主婦でも借りられる消費者金融ナビはhttp://主婦でも借りられる消費者金融ナビ.com/をご覧下さい。

良い生き方をしていればお金はついてくると思っています。

今日はランチに650円掛けちゃった

チョッと今日は贅沢なランチをしてしまった。

だって650円も出して、ランチバイキングを食べたんです。

しかも一人で食べちゃったもんだから、チョッと後ろめたくなって、

帰りにパン屋さんに入って、おやつにアーモンド粉をたっぷり使って焼いたクッキーを買ったんです。

こんなことしてたら、いつまで経ってもお金なんて貯まる訳ありません。

だけど、お金貯めようと思うために、あまり我慢我慢してると、反動で今よりもっと、

食べるものにだけ使っちゃいそうです。

不安のない借入をするには

困ったときにお金を借りることが出来るキャッシングは、正しく利用すれば大変便利なものです。ただし、使い方を誤ってしまうと後悔することになりかねませんから、安心して利用できる方法を学びましょう。

キャッシング業者はそれぞれ金利に違いがありますし、借り入れする金額によっても違いがあります。少ない金額を借りるときであっても、少しでも安い金利の所を探して申し込むのが良い方法です。もし金利が高い所に申し込んでしまうと、最終的に返済する金額が膨らんでしまうこともありますし、毎月の支払いが金利分だけとなってしまい、まったく元本の支払いが進まず、ずっと借金の返済が終わらない生活になってしまうこともあるのです。ですから、どんなに面倒であっても金利だけは比較して検討を行うようにするべきです。

無利子キャッシングと返済計画

キャッシングをしたときに無利息期間があっても、延滞してしまったら意味が無くなってしまいます。また、どうしても返済日に返せないので、他社から借入れを行って返済する、という人もいます。これはいつまでたっても借金が減りませんし、複数の会社から借入れを行えば、借入れしている会社の数だけ利息がかかりますので、借金額がどんどん大きくなっていってしまうおそれがあります。

そうならないために、借りる前にどうやって返していくか、返済計画を立てることはとても重要です。インターネットには、返済シミュレーションが行えるサイトがあります。