台風よりひどかったかも

この前びっくりしました。

曇り天気だったのに急に雨が降ってきました。

これは普通なんだけど、風がハンパなく強くてまるで台風みたいでした。

というより、近年より台風でもここまでひどい暴風雨はなかったかもしれません。

ちょっと外が気になってドアを開けたら、バーン!と風にあおられて勢いよくドア開いたのでびっくりです。

全体重かけてもすぐには閉まりませんでした。

不用意に開けるものではありませんね。

子供の頃、台風の時にベランダのドアを開けて手を挟んで大泣きしたのを思い出しました。

数分で通り過ぎて本当変な天気でした。

節約勝負

クーラーを一晩中つけっぱなしでは光熱費がかかるので、途中で切れるようにタイマーをするのですが、切れた後に窓が締め切ってあったら暑いと思い、網戸にして寝ます。網戸の状態で数時間とはいえクーラーをつけているのと、ほどよい温度設定で窓をきっちり閉めて一晩中クーラーをつけっぱなして寝るのとどちらが光熱費はかからないのでしょう?

また、少しでも家計のたしに、とクラウドソーシングで数十円を得られるような仕事をするのですが、こどもが寝静まってからの夜に作業することが多く、こどもと一緒に寝てしまうのと、電気代を使ってでも作業するのとならどちらがいいのでしょう?

そんな疑問をうっすら感じつつ、過ごしていた最近、日頃あまり節約に意識のない夫が「自動車保険、違うところにしてみた」と言って私とは桁の違う節約をやってのけました。節約勝負は夫に軍配が上がりました。カードローン 郵送なし

残念!私ももっと効果の高い節約を考えていかなければ、と思います。

大根の皮捨てちゃうのと言われた

アンタ!お金がないないって言っておきながら、大根の皮捨ててるじゃないのって姑に言われちゃったのですよ、、、。

別にドケチと言う訳ではないけれど、姑さんは節約が上手なんだと思います。

大根の皮を捨てているときに、一度「お金を捨ててるようなモンだよね」と言われたのです。

他の方の日記ブログにも書いてあったような気がするけれど、大根の皮と人参の皮のキンピラ風とか、そんな捨てるものを上手く使って料理するんです。

自分は考えると言うことが得意じゃないから、なんでも料理の本通りに作っちゃうから、

見栄えは良いけれど、捨てるものも沢山になっちゃうんです。

何とかなるさ、の考えも対外にしないと、一円を笑う者は一円に泣く、ってことになりそうです。

世界中の人がお金に困らないように

世界中の人がお金に苦労しないいろんな意味で豊かな国になると嬉しいです。そんな風に思ってもそのようになるはずはありませんが、少なくとも貧富の差がこれ以上大きくならない世界になればいいとわたしは思っています。

今のままでは貧富の差が開くばかりで、お金がないことが原因で長く生きられない人も減りません。人間だけじゃなくて、たとえば人間が飼っている動物たちだって、人間にお金が無くなってくるといろんな影響を受けます。

病気になった時に病院へ連れていけなくて、命が短くなるペットだっているでしょう。

出費をしてしまいました。

わたしは今失業中の身です。

しかし、12年勤めた会社で、上司が餞別をくれました。

会社からの退職金、会社の友の会の退職金ほんの少々、そして上司から個人的に餞別をいただきました。

いっぱいお金があると思っていたのですが、収入があったため、退職後、主人の扶養に入ることができず、社会保険料は自分で払わなければなりませんでした。

毎月、毎月税金を払っているとけっこうなペースでお金はなくなっていきます。

仕事をしているときは、給料から天引きされるからたいして気にならなかったってこともありますが、

毎月収入があったので気になりませんでした。

今は、収入がなく、減っていくばっかりなのでものすごくヘリが気になります。

そんな中、わたしにはうつ病で休職中の弟がいます。

弟の様子が気になり、会ったときにおこづかいを渡してしまいました。

上司からもらった餞別などをかき集めて5万円ほど渡しました。

最初は、わたしもお金がないので3万円にしようかとも考えました。

しかし、弟の身に万が一何かあったとき、「あのとき、ケチらずに5万円あげとけばよかった」というような後悔があったらいやだなと思い弟に5万円あげてしまいました。

わたしはこれで、弟の好きなものを買うか、生活のたしにでもしてくれたらなという思いで無理しておこづかいを渡したのです。

しかし、後日何かの形で弟がその5万を何に使ったのかわかった時がありました。

なんと、うつ病で休職中の身にもかかわらず、職場の方の結婚式に出席し祝儀を3万円つつみ、その生き帰りの交通費であとの2万を使ったと聞きました。

わたしは愕然としてしまいました。

わたしは、他人の結婚のお祝いを出すのに上げたわけではないのに。

弟の生活のたしにしてほしかったのに。

病気で休職中なら、わざわざ無理して結婚式に出ることなかったのに。

かなりへこみました。

今思えば、それで弟の面目が保たれたのならそれでよかったのかなと今になったらそう思えてきましたが、ショックでした。

税金が払えなくてピンチでした。

わたしは新卒で入った会社に12年勤めてきました。

しかし、その後は職を転々としてなかなか長く勤めることができていませんでした。

会社に勤めている間は、税金が給料から天引きされるので払っている感覚がないのですが

会社をやめて自分で払わなければいけなくなった瞬間、税金って高いんだなと思いました。

国民年金に国民健康保険。たすと4万円くらいになります。そして市民税もはらわなくてはなりません。

最初に入った会社を退職した時、わずかばかりの退職金をもらいました。

70万円ほどいただきました。プロミス 金利

しかし、毎月税金でだまっていても4万円以上払わなければいけないので、すぐ底をついてしまいました。

お金がなくなってきたので、また働くところを探したのですが3か月くらいしか続かず転々としているうちに税金が払えなくなってしまいました。

将来年金をもらえるかどうかわからないから貯金してた方がいいんじゃないかという人がいますが、そんなの許されません。

国民年金を滞納すると、役所の職員からの督促状、電話、そして家にまで集金に来たりします。

払わざるを得ないのです。

しかも、払っているのに電話がかかってきたこともありました。

国民年金を滞納しており、新しく入った職場の給料が入ってすぐ払ったのですが、休日にまで役所から督促の電話がかかってきました。

主人には職場を転々としてるのを言ってなかったのでひやひやしました。

今日、主人が家にいる休日に役所から督促の電話があり、主人が電話をとってしまったので心臓がとまるかと思いました。

その時には、もうちゃんと払った後だったので、主人に「本人はもう払ったって言ってますよ」と言ってもらいました。

でも「なんでこんな電話がかかってくるんだ、かっこ悪い、ちゃんと払いなさい」と怒られてしまいました。会社を辞めてみて自分はこんなに税金を払っているんだとあらためて感じました。

いろんな公共サービスをもっと知っていろいろ利用していかないと損するなと思ってしまいました。

借りたお金はとてつもなく軽いモノでした。

予定していなかった出費があったので、お金を友達に借りることにしました。

友達にお金を借りることは、今まで前例がなかったのですが、今回は小遣い前と言うこともあり、すぐに返すことが出来る前提での貸し借りになりました。

カードローンのことならカードローンのポータルサイト!カードローン博士

実際にお金を借りて分かったことは、借りたお金は本当に軽いことが分かりました。

使う時もお釣りを貰っている時も、何か自分のお金という感覚はないことが多かったですね。

お金を借りることで、お金のありがたみが消えてしまうようにも感じました。

お金は出来れば借りない方が、よさそうですね。

必要な借金というものもあります。

レイクでは最近では何と人気アイドルグループであるAKB48をCMで起用し始めました。このことは私にとって非常に大きな驚きでした。消費者金融であるとどうしても悪いイメージがあるため、AKB48のような人気芸能人は絶対にCMに出ないというイメージがあったからです。このことから言えることは、消費者金融もそこまで悪いイメージはなくなり、AKB48のような人気芸能人が出演しても問題がないような存在になることができたのです。

私は大学生です。地方から東京に出てきているため、一人暮らしをしています。しかし仕送りをしてくれていた父親がリストラの被害に遭ってしまいました。そのため仕送りが止まってしまったのです。実家の方でも自分たちで生活していくだけで精一杯になってしまいました。当然、退職金のようなものや雇用保険もありますが、これは実家の家族たちが食べていくためのお金で消えてしまいます。

そんな厳しい状況であったため、私は自分の学費と生活費を賄うためにレイクでお金を借りることにしました。大学での大切な勉強もあるため、自分で働くことには限度があるのです。私の大好きなAKB48がCMに出演していたため、親しみを一番持つことができた点が、レイクに決めた決め手です。

この借金のおかげで何とか今回の危機を乗り越えることができました。学業も疎かになりませんでした。こういった良い方向にて使うことができれば、消費者金融も悪いものではないなあと感じました。

子供の急な出費

大学にいっている子供は、ある程度決められた範囲内で、お金を使っていると思っています。それは毎月、あげているお金で、なんとかやりくりをすることができているからです。キャッシングするならこちらから
しかし、そんなに頑張っている子供でも、たまには急な出費があるときがあるのです。それは、参考書を購入したいときや、移動の電車代が掛かってしまう時などです。
そんな時には、急な出費と思っても、どうしても必要なお金となるので、どんなにやりくりをしてでも、構えてあげたいと思っています。

カードローンの広告はよく目に入ります

このごろ、カードローンの広告をよく見ます。その多くは、消費者金融や銀行といった業者で取り扱っているものです。そして、その時に受ける印象は、やはり、取り扱っている業者によって違ってきます。たとえば、消費者金融で取り扱っているカードローンだと、なんとなく不安を感じます。やはり、以前の消費者金融のイメージが浮かんでくるからです。その反対に、銀行で取り扱っているカードローンは、なんとなく親しみを持てるようなイメージがあります。そして、いざという時に頼りになるような気もするのです。

こういったことは、消費者金融と銀行の大きな違いからくるものだと思います。消費者金融は、以前は、強引な取りたてのことが問題になったこともありました。そんなことから、なんだか怖いようなイメージもあるのです。そして、銀行というものは、昔から堅実なイメージがあります。そして、しっかりとした業者というイメージもあるのです。

ただ、銀行にしろ消費者金融にしろ、カードローンを利用するということは、お金を借りることになります。そして返済の義務も生じます。この点は、しっかりと理解しておかないといけないでしょう。特に銀行でカードローンを利用する際には、こういった自覚を持てない人も多いと思われます。銀行にしろ消費者金融にしろ、借りたお金は返さないといけません。これは忘れてはならないことでしょう。

そして、カードローンとは、銀行にとってはよい収入にもなるのです。カードローンというものは利息が発生します。そして、この利息というものが銀行にとってはうれしいものなのです。そのために、個人に融資をしたいのです。そういうこともあって、銀行は消費者金融と同様に、カードローンの宣伝に力を入れているのです。

今では多くの銀行でカードローンを取り扱っています。そして、窓口にもカードローンの広告が張られています。そして、いざという時に頼りになるようなことをピーアールしています。でも、利用については慎重になったほうがいいでしょう。